STIGAからの重要なお知らせ

STIGAからの重要なお知らせ

2016年06月15日

中央大学 宮本幸典選手に、

現在使用中のラケット インフィニティVPSⅤ(FLA)に関して、

コメントを頂きましたので、掲載させて頂きます。

 

image

 

重量はちょうど良く、打球感はややハードで、弾むラケットの印象です。

インフィニティVPSⅤを使って、一番驚いた事が、

木材なのにとても弾む点です。

また、弾むのにボールの球持ちが良く、コントロールしやすい為、

前・中・後陣での幅広い攻撃が可能な点です。

 

僕自身、ボールを打つ感覚として、

自分でしっかり飛ばしたいので、木材の方がプレーしやすいです。

ラバーは、硬いラバーから柔らかいラバーまで、使いこなしやすいラケットだと思います。

プラスチックボールに変わって、スピードボールや回転量などが必要になったと感じていますが、

インフィニティVPSⅤはしっかり力を伝える事ができたら、スピード・回転ともに充分だと思います。

 

もともと使おうと思ったきっかけは、

先輩の徳永さんがインフィニティVPSⅤを使用していて、

それを試打させてもらったところ、

自分のプレースタイルに合ったラケットだったので使わせてもらいました。

 

インフィニティVPSⅤは球離れが早くないので、

台上技術・ドライブがやりやすいと思います。

また、打球点がさがった所からでも、

しっかりボールに力を伝える事で、飛ばすことができます。

プラスチックボールに対しての相性は抜群だと思います。

 

ボールが変わって、特殊素材よりもむしろ木材のほうが扱いやすいと思います。

前・中陣でガンガン、ドライブを打つ選手におすすめしたいです。

また、感覚として、自分でボールを飛ばしたいと思っている選手に特におすすめです。

インフィニティVPS5

2016年06月13日

過日、STIGA契約チーム アスモ女子卓球部の皆様に、

カーボネード145,カーボネード190をプラスチックボールにて試打をして頂きました。

※エアロックアストロM,エアロックMをそれぞれ貼っています。

以下、アスモ女子卓球部の皆様のコメントです。

 

1236

1238

 

【河村 茉依選手】

●カーボネード190

重量はちょうど良く、打球感はややハード。弾みはやや弾む感じです。

ボールが浅くて悩んでいる人には、深いボールがいくのでおすすめできます。

プラスチックボールになって、カーボンラケットがとばなくなったと感じてました。

深くいくので、これなら大丈夫だと思います。

 

●カーボネード145

145もボールが深くいくので、

オーバーミスに気をつければ、プラスチックボールも大丈夫だと思います。

 

【永尾 堯子選手】

●カーボネード145

重量はやや重く、打球感はミドル、弾みは普通です。

このラケットは、弧線が作りやすく、球持ちがいいです。

台上など細かい技術も、緩急がつけやすいと思います。

そこまで弾みがない分、コントロールがしやすいです。

弧線は出やすく、回転はかけやすいし、重いボールが出ますね。

プラスチックボールとの相性は悪くないと思います。台上のプレーがやりやすいです。

コントロールしやすいので、硬めの弾むラバーと合わせても良いと思います。

ドライブ型の選手。ラリーが多いプレースタイルの選手などにおすすめできます。

 

●カーボネード190

重量はやや重く、打球感はややハード、やや弾みます。

中陣や後陣でのダイナミックなプレーはやりやすいです。球離れは早いです。

強打(パワードライブ、スピードドライブ)もやりやすいです。

カーボネード190も重いボールが出ます。

プラスチックボールに対しての相性は悪くないと思います。

ローズウッドNCTⅤと似ています。

男子やパワーのある選手におすすめです。

 

【平田 有貴選手】

●カーボネード145

重量がちょうど良く、打球感はハードで、弾みます。

すごく弾む印象です。パワーが出しやすいので、

力がない選手に向いているように思います。ツッツキやストップの感覚が良いです。

スピードが出しやすく、力がいらないように思いました。

パワーのない選手、もしくはスピード重視の選手に良いと思います。

力いっぱい振らなくても飛んで行ってくれるラケットです。

145は、瞬間的にキュッとこすりあげるタイプ、スイングがコンパクトな人に良いと思います。

 

●カーボネード190

重量がちょうど良く、打球感はややハードで、弾みはやや弾みます。

カーボン入りですが、ボール持ちが良くて、回転がかけやすく感じました。

前陣・中陣でのドライブも、どちらもやりやすく、

ドライブ主体選手には、向いていると思います。

個人的には、145と比べて、スピードは落ちますが、その分回転は作りやすいです。

テンション系ラバーとの相性は良い気がします。

ツッツキが低く、回転がかけやすいです。

プラスチックボールに対して、弾みが良いのにボール持ちが良いので、

相性はとても良いと思います。

前陣・中陣でのドライブ主体選手におすすめです。

 

【石塚 美和子選手】

●カーボネード145

重量が重く、打球感はミドル、弾みはあまり弾まないです。

145は打球感が190より柔らかいので、ボールを持つ感覚は、

わかりやすいです。プレーは前陣か中陣が良いと思います。

 

●カーボネード190

重量は重く、打球感はややハードで、弾みは普通です。

カーボネード190は、145より、弾む感覚があって、

パワープレーが多い人は使えると思います。

弾む分、プレーは前でも後陣でもできると思います。

スピードドライブは打ちやすいと思います。

 

【松村 夏海選手】

●カーボネード145

打球感はミドルで、あまり弾まないです。

プレー位置は前陣で、少しやわらかめなので、台上の技術はやりやすいです。

カーボネード190に比べて、柔らかめ、台上のストップやツッツキはやりやすいです。

プラスチックボールに対しては、ラバーによって変わると思います。

台と近い距離でプレーしたい人、コントロールを重視している人におすすめです。

 

●カーボネード190

打球感はややハード、あまり弾まないです。

プレー位置は、前・中陣。少し硬めで、直線的なボールが出やすいです。

中陣からのドライブがやりやすいです。

プラスチックボールに対して、

ラケットが硬めなので、柔らかいラバーが相性が良いと思います。

男性には、硬いラバー×カーボネード190

力の少ない女性には、柔らかいラバー×カーボネード190

の組み合わせが良いと思います。

DSC_4535

 

2016年06月09日

過日、STIGA契約チーム アスモ女子卓球部の皆様に、

エアロックアストロMをプラスチックボールにて試打をして頂きました。

※エアロックアストロM,エアロックMをそれぞれカーボネード145、カーボネード190に貼っています。

以下、アスモ女子卓球部の皆様のコメントです。

 

1253

【河村 茉依選手】

エアロックアストロは、エアロックと比べて、

スピードが出ると感じました。

個人的には、柔らかくてボールがくいこむ感じのラバーは好きではなく、

エアロックアストロはシートが硬く、自分にとってはひっかかりやすいラバーです。

他社には無い感覚のラバーですが、個人的にはもっと硬くても良いと思います。

硬いラバーが好きな人や弾く打ち方の人に良いと思います。

 

【石塚 美和子選手】

前陣で相手のボールを利用する人がやりやすいラバーだと思います。

エアロックよりも、弾むと感じたので、スマッシュもやりやすいと思います。

硬めのラケットとの相性が良いと感じますし、

プラスチックボールでプレーするにあたっては、

ラリータイプの選手におすすめできると思います。

 

【平田 有貴選手】

サーブ、ツッツキともに回転がかけやすいです。

エアロックに比べ、回転量、スピード共に出しやすくなっています。

フォア面、バック面どちらに貼っても、使いやすいと思います。

ドライブ主体の選手に向いているように思います。

ラケットは弾むラケットとの相性が良さそうです。

上回転のドライブは回転よりも、スピードが出しやすいと思いました。

他社のラバーで似ているものは無く、

プラスチックボールに対しては、球持ちが良く、

コントロールができるので、相性は良いと思います。

前陣速攻主体の選手におすすめしたいです。

 

【松村 夏海選手】

ツッツキが回転がかけやすく、スピードはよく出ます。

前陣でも中陣でもいけるラバーですね。

私はフォアに貼ることをおすすめしたいです。

個人的には、硬め、柔らかめ、どちらのラケットにも合いそうだと思いました。

プラスチックボールで試打しましたが、弧線が描きやすかったです。

 

【永尾 堯子選手】

エアロックと比べて、アストロの方が弾みがあり、少し距離をとっても打てます。

比較的、幅広い層の選手が使用できると思います。

女子選手はフォア面に貼ることをおすすめします。

男子の選手はバック面が良いかもしれません。

他社のラバーで言うと、ドイツ製テンションのラバーに似ていると思います。

前陣でプレーしたり、主にラリーが多い選手におすすめです。

DSC_4535

2015年11月30日

日鉄住金物流 藤木祥二選手に、

現在使用中のラケット クリッパーウッドに関して、

コメントを頂きましたので、掲載させて頂きます。

 

 

私は木材合板のラケットが好きで、

その中でも打球感がとても良いクリッパーウッドを使用しています。

重量はちょうど良く、打球感はややハードで、やや弾むラケットといった印象です。

中陣でのプレーがとてもやりやすく、ボールの威力も出ます。

しかし、木材7枚合板で弾きが良い分、

木材5枚合板のラケットと比較をすると、球離れが早いラケットである為、

前陣・台上での細かいプレーにはより繊細なタッチが要求されると思います。

ラバーとの相性については回転性能が高いラバーとの相性が優れていると思います。

プラスチックボールとの相性に関しては、特にセルロイドボールの時と変わりなく打てるラケットです。

クリッパーウッドは、ラリー戦を得意とする選手におすすめできるラケットで、

前陣でプレーする選手よりも、中陣でプレーする選手に向いていると思います。

 

無題

2015年11月11日

青森大学 池田 忠功選手(ブンデスリーガ2部 フリッケンハウゼン所属)に、
現在、使用中のクリッパーウッドについてのコメントを頂きましたので、
掲載させて頂きます。
ぜひ、ご覧ください。

クリッパーウッドは、非常にコントロールのしやすいラケットだと思います。
打球感はややソフトで弾みは普通のイメージです。
このラケットはボールを掴むような感覚が強く、
カーボンよりもループドライブのカウンターがとてもしやすいです。

ドライブ対ドライブの時に、直線ではなく山なりの弧線を出せるようになり
ボールが安定するようになりました。
結果的に、中陣、後陣でのプレーにミスが少なくなりました。
全体的に少し固めのラバーが合うと思いますし、
バックハンドは少し柔らかめのラバーにしたら
カウンターとブロックがしやすくなると思います。

少し前まではカーボンのラケットを使用していましたが、
ボールがプラスチックに変わってからコントロールがしづらくなり、
コントロールがしやすくかつ威力を出せるラケットを使いたいと思い
クリッパーウッドに変更しました。
とてもコントロールがしやすく、きわどいコースも狙えるので気に入っています。

クリッパーウッドはコントロールがしやすく掴む感覚が強いので、
カウンターのミスが少なくなり試合中は
質の高いループドライブがきてもカウンターができるようになりました。
私は台上プレーが苦手でしたが、ラケットを変えてから
ミートがしやすくなり、前よりも格段に良くなりました。

クリッパーウッドは回転のかかりづらいプラスチックボールに対しても
回転をかけることができるようになり、打球感も良く、
打った時に自分の力が伝わりやすく相性はとても良いと思います。

パワーはあるけど、コントロールのない人やカウンター等、
感覚に頼るプレーが苦手な人におすすめしたいです。

池田選手画像

2015年09月09日

先日、8月9日~8月14日に開催されておりました

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の、

女子シングルスで優勝した正智深谷高校 田口瑛美子選手(女子ダブルスも優勝)に、

現在使用中のラケット クリッパーウッドについてコメントを頂きました。

また、同大会にて、田口瑛美子選手と組んだ女子ダブルスで

優勝した正智深谷高校 平真由香選手に、

現在使用中のラケット スウェーデンカーボンについてコメントを頂きました。

両選手のコメントを掲載させて頂きます。

 

【田口瑛美子選手】 使用ラケット クリッパーウッド

カウンターやブロックをする時にしっかりと食い込んでくれるので安心してプレーが出来ます。

ツッツキのボールに対してもボールの持ちが良く、回転量の多いボールが打ちやすいです。

ラリー戦になっても負けないラケットだと思います。

プラスチックボールになって用具を変更した人もいますが、

私は以前と同じでこのラケットから変更しませんでした。

打球感、弾み、響きがとても好きです。

 

【平真由香選手】 使用ラケット スウェーデンカーボン

気に入っている所は、音が良く自分の力でボールをコントロールが出来る所です。

ボールをしっかりと掴めるので回転がかけやすいです。

やりやすい技術は、ツッツキ打ちとチキータです。

プラスチックボールとの相性もいいと思います。

h;hlj:j

写真は左が田口瑛美子選手,右が平真由香選手

2015年09月01日

中央大学 定松祐輔選手に、

現在使用中のラケット インテンシティカーボンに関して、

コメントを頂きましたので、掲載させて頂きます。

 

インテンシティカーボンの特徴としては、

弾んでしっかりボールが食い込むところです。

前・中・後どの位置でもプレーがやりやすく、

ラリーになっても打ち負けないと思います。

 

スティガのラケットは木の質が良く、

打球音、感覚など、

とても気に入っています。

 

また、グリップが太めに作られていて、

自分の手にフィットしています。

どのようなラバーとでも、相性は合うと思いますが、

少し硬めが良いかなと思います。

 

このラケットの気に入った点は、

しっかり食い込んでボールが飛んでいく点と、

ラリーで負けない点です。

細かい台上技術、サービス、レシーブ、回転をかける技術もやりやすいかと思います。

 

プラスチックボールに対しては、

食い込んでくれるので、自分の力で打てるラケットだと思います。

 

このラケットを個人的におすすめするとしたら、

高校生が良いかと思います。

image1

2015年08月31日

中央大学 大坂亮輔選手に、

現在使用中のラケット エメラルドVPSⅤに関しての、

コメントを頂きましたので掲載させて頂きます。

 

エメラルドVPSⅤは木材5枚合板ラケットでありながら、

特殊素材ラケットと同じくらい弾みますが、

木材としてのボールをつかむ感覚も残されている為、

プラスチックボールには相性が良いと感じました。

私は表ソフトをバック面に使用しており、

前・中陣でプレーしていますが、

ボールに弧線が出るという印象を持っていて、

回転をかける技術はやりやすく、

打球感がハードな割に自然とボールに弧線が出るのが特徴だと思います。

 

打球感がハードなラケットが好きで使い始めましたが、

カーボンラケットのような直線だけでなく、

弧線が出てボールが安定する点が気に入って使用しています。

 

ドライブや弾く技術、

中陣でのラリー戦に力を発揮するラケットだと感じています。

 

プラスチックボールに対しては、

ボールが硬くなったので、

すごく扱いやすく相性が良いように感じます。

 

男性で前・中陣を主とする選手には最適のラケットだと感じます。

image1

2015年08月27日

中央大学 徳永大輝選手(主将)に、

現在使用しているラケット インフィニティVPSⅤに関しての、

コメントを頂きましたので、掲載させて頂きます。

 

インフィニティVPSⅤは、

前・中陣でのラリーがとてもやりやすく、扱いやすいラケットだと思います。

カウンターをする時などにしっかりとくい込んでくれるので、

とても安定してカウンターが入ってくれます。

自分は球離れが速いラケットが苦手なので、

インフィニティVPSⅤは、ある程度弾んでくれて、

球持ちが良いので、安定したボールが打てて、とても満足しています。

スティガのラケットは、他のメーカーのラケットにはない、

打った時の響きがあり、

打球感覚がとても好きです。

 

以前はカーボン系のラケットを使っていたのですが、

弾みすぎると感じ、木材のラケットを選ぼうと思ったのが、

インフィニティVPSⅤを使おうと思った理由です。

 

プラスチックボールに対しては、セルロイドボールよりも、

相性が良いと感じています。

 

個人的には、ボールのスピードよりも、

安定性を求めている選手に適しているラケットだと思います。

image1

2015年08月26日

先日のインターハイに出場した

れいめい高等学校(鹿児島) 川路斗真選手に

使用しているエメラルドVPSⅤ、エアロックMについてのコメントを頂きましたので、

掲載させて頂きます。

 

 

○今の用具を使ったきっかけは何ですか?

エメラルドVPSⅤ、エアロックMのどちらとも

卓球ショップさんから、おすすめされて使用したのがきっかけです。

 

○用具の気に入っている点は何ですか?

エメラルドVPSⅤは、弾みも良く、

ボールが弧線を描いてくれるところが気に入っています。

エアロックMは、対戦相手からやりづらいボールが来ると言われるところです。

 

○やりやすい技術、プレーは何ですか?

ブロックがとてもやりやすく、ツッツキも回転をかけやすいです。

 

○今の用具を使用してみて、プラスチックボールに対してどう感じますか?

プラスチックボールに対しても、

回転をしっかりとかけていけるので、やりづらさはないです。

 

2015年07月28日

礼武卓球道場 原田隆雅氏に、
プラスチックボール対応ラバー エアロックM,Sの試打コメントを頂きました。
コメントは、エアロックMに着目した内容にて頂いております。
以下、ご参考にして頂ければ幸いです。

 
エアロックMを試打した感想ですが、
エアロックMはエアロックSに比べて、
スポンジが硬めで、パワーがある選手に向いていると感じました。
回転を強くかけたい選手や、パワーを活かしたい選手にオススメだと思います。

一概には言えませんが、
個人的な意見としては、
このラバーはフォアにオススメです。
フォアは体の外側で強く打球します。
エアロックMは強く打球しても、
力負けしないラバーだと思うからです。
バックは、体の正面でとらえる選手が多いので、
力の伝導が若干ソフトになってしまうかと思います。

エアロックの特徴として、
シートが柔らかく、くいつく打球感があります。
この点に関しては、
シート表面で回転をかけるようにスイングするタイプの選手にオススメです。
カーボン素材で弾くようにスイングする選手よりも、
木の打球感を求める選手に合うと思います。
スティガ製品との相性は非常に良いと思います。

エアロックは、この性能であれば、
もっと価格が高くても良いかもしれないですね。

 

2015年07月27日

STIGA契約コーチ 徳増卓球道場 徳増信弥氏より、
プラスチックボール対応ラバー エアロックM,Sの試打コメントを頂きました。
以下、ご参考にして頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

エアロックMは球をしっかりつかんでくれるのでドライブ技術のミスが少なくなると思います。

また前陣でのカウンター、ブロック、スマッシュもやりやすいです。

レシーブ面でもストップ、ツッツキに回転がかかるので細かいプレーにも最適です。

台から下がってもボールが弧線を描き、飛距離が出るので、中後陣からの打ち返しも威力を発揮します。

パワーのない方や、レディース、ジュニアの方々はエアロックSがお勧めです。

私はクリッパーウッドにエアロックMを使用していますが、

とても相性が良く前中後陣どこでもプレーできるのが魅力的です。

 

img_tokumasu

2015年07月16日

STIGA契約コーチ 増田秀文氏より、
プラスチックボール対応ラバー エアロックM,Sの試打コメントを頂きました。
以下、ご参考にして頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

エアロックMは、エアロックSに比べて、
スポンジが硬めになっており、ドライブやツッツキ等の
回転系技術が安定すると思いました。
また、ライジング気味に打球しても、
ボールがくいこみ、弧線を描きやすいと思います。
スイングスピードの早いパワー向けの選手に向いていると思います。
ラケットとの相性に関して、エアロックMとインテンシティNCTが、
個人的には、特に良いと感じました。
硬い木材を使用しつつも、板厚が薄く打球感が柔らかい点が、
エアロックMと合わさって、プレーが安定する中で攻撃もしやすいと感じました。

エアロックSは、エアロックMに比べてスポンジがやわらかく、
重量も軽いので、ジュニアの選手から、レディースの方まで、
幅広く使用できるラバーだと思います。
やわらかいので、ラバーにくいこみやすく、スピードが出しやすいです。
エアロックSは、オールラウンドエボリューションと相性が良いと思います。
ジュニアの選手やレディースの方には、
平均重量が軽いオールラウンドエボリューションと合わせることで、
総重量も軽くなり、パワーがない方にもおすすめできる組み合わせです。

ラケットとラバーとの組み合わせが用具の良さを
最大限にひきだしてくれると私は考えているので、
自分のスタイルに合った用具の組み合わせは非常に大事だと思います。
今回、紹介した組み合わせ以外でも、プレースタイルによって、
相性の良い用具の組み合わせは様々なパターンがあります。
自分なりのベストな組み合わせを探してみてください。

Airoc Skiss Airoc Skiss

インテンシティNCTオールラウンドエボリューション(SFLA)

 

エアロックの情報につきましては、

以下のリンクをご覧ください。

 

エアロックM

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=117

エアロックS

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=118

2015年06月24日

過日、田中 健奨選手(リコー),松生 直明選手(リコー)のお2人に2015年2月25日発売のラバー、

エアロックをプラスチックボールとセルロイドボールにて試打をして頂きました。

 

以下、両選手のコメントです。

 

【田中 健奨選手】
前陣でのカウンターやブロックがやりやすいと感じました。
私のプレーでは前陣でのカウンターが多く、ツッツキで攻めることが多いです。
ツッツキの際、コントロールしやすく、鋭いコースを狙いやすいです。
台上でのコントロールが良いと思います。
プラスチックボールでは、台上でのストップ・ツッツキなどに相性が合うと思います。
セルロイドボールでは、ブロックやカウンターがやりやすいと思います。
木材など柔い感覚のラケットに合うと思います。

 

【松生 直明選手】
ラバーとしては、とても固い感じでした。試打したラケットも固めの木材だったので、
やわらかいラケットの方が合うように感じました。
前陣でのプレーが多い選手におすすめです。前陣でプレーする人には、
コントロールもしやすく、威力も出せるように感じました。
フォア打ちの際、流行りのテンションラバーと比較しても、よく弾むように感じました。
初速はエアロックの方が出ると思います。
プラスチックボールでは、固めのラバーなので合うと思います。
あとは、ラケットをやわらかめの木材にすれば、更に良いと思います。
セルロイドボールでは、ブロックや台上がとてもやりやすかったです。

 

エアロックの情報につきましては、以下のリンクよりご覧ください。

 

エアロックM

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=117

 

エアロックS

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=118

2015年03月16日

過日、日本卓球リーグ女子1部 アスモ女子卓球部の皆様に2015年2月25日発売のラバー、

エアロックM,Sをプラスチックボールとセルロイドボールにて試打をして頂きました。

※エアロックを貼ったラケットはエメラルドVPSⅤとインテンシティNCTの2種類です。

※フォアにエアロックM,バックにエアロックSを貼っています。

 

以下、アスモ女子卓球部の皆様のコメントです。

 

 

【河村茉衣選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

前陣で使った方がいいラバーだと思います。

ブロックがやりやすく、バック面にエアロックSを貼るのは、おすすめできます。

打球感はボールとラケットがあたる時の「ハリ」のある感じが好きです。

エアロックMは強めのボールが打てると思います。

硬めのラケットに貼って打ってみたいですね。

エアロックSはブロックがやりやすく、プラスチックボールでやった際に、慣れてくれば持ちやすくなる気がしました。

自分の力もプラスすれば、とんでくれます。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

弾みが自然に出てくれるので、振っていて疲れにくいです。

エアロックMで打った際には、一発で狙いにいけると思います。

今私が使っているラバーよりも、とぶ感覚があります。

プラスチックボールで打った際は、このラケット・ラバーの組み合わせは、とんでくれるので、楽にラリーができそうです。

 

【石塚美和子選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

バックにエアロックSを使う方が良さそうだと思います。

ラケットの弾みが、飛びすぎず飛ばなさすぎずという感じだったので、

自分でしっかり打ちたい人には良いと思います。

プラスチックボールで打った際は、インテンシティNCTよりも、エメラルドVPSⅤとの組み合わせの方が良いと感じました。

セルロイドボールで打った際は、スピードボールは出しやすいですが、その分コントロールができるか若干不安な感じがします。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

打球感はラバー自体がやわらかいので、回転系よりスピード系の人が合うと思います。

スマッシュをよく使う人は合うと思います。

もう少し硬めのラケットとの相性が良さそうな気がします。

プラスチックボールで打った際は、フォアよりバックでのプレーの方が、

エアロックは相性が良いと思います。

セルロイドボールで打った際は、ボールが走る感覚でかなりスピードがでました。

 

【森永愛里選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

サーブ・ツッツキは回転がかけやすく、低くいくので、コントロールはしやすいと思います。

プラスチックボールで打った際は、ドライブもミートもやりやすく、力をあまり使わなくてもスピードを出せると思います。

 

【平田有貴選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

エメラルドVPSⅤで打った場合は、

サーブやツッツキは回転がかけやすいです。ストップやツッツキの技術もやりやすいです。弾む感じがして、スピードが出しやすいですね。

スポンジが柔らかくコントロールがしやすいです。

プラスチックボールに対して、弾みが良くボールが持てるので、相性は良いと思います。

セルロイドボールに対しても、回転はかけやすく相性は良いと思います。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

インテンシティNCTで打った場合には、

弧線が直線的であり、ドライブで勝負するプレイヤーよりも、

スピード勝負をするプレイヤー向きのラケット・ラバーの組み合わせかと思います。

プラスチックボール、セルロイドボールともに、球離れが早い印象でした。

 

【原ちひろ選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

エアロックSはブロックがとてもやりやすいので、バックに貼る事をおすすめします。

プラスチックボールで打った際は、しっかりくいこむ感じがしました。

セルロイドボールで打った際には、スピードが出る感覚がありました。

スマッシュが打ちやすかったです。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

エアロックSはブロックがとてもやりやすかったので、

こちらに関しても、バック面に貼る事をおすすめします。

プラスチックボール、セルロイドボールともに、

ラバーにくいこんでくれるので、ブロックがやりやすく安定します。

 

【松村夏海選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

プラスチックボールで試打をした際に、基本的にどの技術もやりやすいと感じました。

飛びすぎる事もなく、回転も普通にかかり、中~後陣でも大丈夫だと思います。

ボールにしっかり力が伝わっている感覚があり、このラケットとラバーの組み合わせはプラスチックボールが打ちやすいと感じました。

セルロイドボールでの試打では、弾みすぎてしまい、私としては、コントロールは難しいと感じました。力のある選手や、中~後陣でプレーする選手にはとても良いと思います。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

ミート打ちがやりやすく、プレー位置は前陣、私はバックに貼る事をおすすめしたいです。

試打をしていて、このラバーはやわらかいラケットとの相性が良さそうな気がします。

私としては、プラスチックボールよりも、セルロイドボールの方が、打ちやすさを感じました。セルロイドボールの際に、ラケットでしっかり打てている感覚があり、この組み合わせなら中陣からでも打てると思います。

 

【永尾尭子選手】

エアロックM,S試打(エメラルドVPSⅤ使用)

カウンター等のブロックがやりやすく、前陣でプレーする人で、相手のボールを利用する時には、いいと思います。硬めのラケットに貼ると良さそうです。

 

エアロックM,S試打(インテンシティNCT使用)

フォアで打つ際には、ボールのくいこみがありますが、バックで打つ際は、球離れが早く感じました。前陣でプレーする人、硬めのラケットに貼ると良さそうです。

 

2014-06-02 15.04.01

 

 

2015年02月19日

過日、平野早矢香選手(ミキハウス)にスティガの新ラバー「エアロック」を試打して頂きました。

※試打ラケットはクリッパーCR WRB(FLA),フォア エアロックM特厚,バック エアロックS特厚です。

以下、平野選手のコメントです。

 

打球感が良いラバーで、ヨーロッパの選手が好きそうなラバーですね。

スティガのラケットと相性が良いと感じました。
私の使用しているクリッパーCR WRBと相性が良かったです。

サーブは回転がしっかりかかり、ストップも止まりやすいと思います。
上級者にとっては少しやわらかいとは思いますが、後ろに下がって打つタイプの
選手や女子の中級者なら扱いやすいと思います。

 

スティガの新ラバー エアロックM,エアロックSは2015年2月25日頃発売予定です。

ご参考にして頂ければ幸いです。

 

_DSC3968

 

2015年01月05日

過日、日本卓球リーグ女子1部 アスモ女子卓球部の皆様に2015年2月10日発売予定のラケット、エメラルドVPSⅤを試打して頂きました。

以下、アスモ女子卓球部の皆様のコメントです。

 

【河村茉依選手】

打球感はややソフトで、弾みは普通です。

前陣で強めに打球していった方が良さそうです。力の強い一発で抜いていくボールを打ちにいける人がいいと思います。

ラバーとの相性は、少しソフトのラバーを選んだ方が良いと思います。

強くスイングをしても、オーバーミスしない気がします。おすすめできるプレーヤーについては、体の軸がしっかりしていて、パワーがある人かと思います。

私の使用しているラケットより飛びますし、良い打球感のラケットです。

打球感はソフトなので、自分の力で振っていくラケットだと感じます。

 

【石塚美和子選手】

打球感はややソフトであまり弾まない印象です。

プラスチックボール自体が打点を落として打つと難しいので、前陣でプレーした方がコントロールしやすいと思います。

両面、硬いラバーを貼るよりも、フォアとバックのどちらかに柔らかいラバーを貼った方が、全体的にバランスが良いと思います。

打球感はメープルウッドNCTⅤと似ている感じがしました。

自分の力でしっかり打ちたい人におすすめできると思います。

 

【森永愛里選手】

打球感はややソフト、弾むと思います。

球持ちは良く、ドライブは安定しますが、試合の中でよくショートを使う自分にとっては、少しやりづらく感じます。

弧線は描きやすいです。弾く打ち方よりも、球をつかんで打つ人に向いているかと思います。セルロイドボールで打った時よりも、プラスチックボールで打った時の方が、スピードが出る気がしました。

【平田有貴選手】

打球感はソフトで、弾む印象を受けました。

球持ちが良く、コースを狙いやすいと思いました。

私の使用しているエバンホルツNCTⅤに比べて、ボールが深くなったように感じます。

中陣から攻めるドライブ型の選手に向いているラケットだと思います。

弾むのに、曲線を描きやすく、コントロールしやすく感じました。

特にプラスチックボールとの相性が良く、

エバンホルツNCTⅤのコントロールしやすくなったバージョンのラケットだと感じました。

比較的、プラボールは回転がかけづらくなっていますが、

このラケットは球持ちが良く、回転もかけやすく感じました。

 

【原ちひろ選手】

打球感はソフトな感じで球持ちも良いので、安定すると感じました。

しっかりくいこんで球持ちも良いので、ボールも深く力がしっかり伝わると思いました。

私の使っているメープルウッドNCTⅤと比べて、弾むと思いました。

弧線はメープルウッドNCTⅤと比べると、描きづらかったです。

やわらかく、しっかりくいこむ感じがしました。自分の力でしっかり打つことで、深いボールが打てると思います。

 

【松村夏海選手】

打球感はややハードで、やや弾むラケットの印象です。

カウンターと中陣からのドライブ等の相手のボールを利用する技術がやりやすいです。

相手のボールを利用して打つことが多い人や前~中陣の人に向いていると思います。

基本的に、私はラケットで打っているという感覚が好きで、ラケットが硬めな印象を受けたので、

やわらかめのラバーが良さそうな気がします。

 

【永尾尭子選手】

今、私はローズウッドNCTⅤを使用していますが、打球感はややソフトな印象です。

打球感がソフトな為、打つ時に、ラケットの面を出してインパクトをしっかりしていった方が良いと思います。

私は、このラケットについては、前陣でのプレーが良いと思います。

 

2014-06-02 15.04.01

 

ページTOP