お知らせ

新着情報一覧

2015年06月24日

過日、田中 健奨選手(リコー),松生 直明選手(リコー)のお2人に2015年2月25日発売のラバー、

エアロックをプラスチックボールとセルロイドボールにて試打をして頂きました。

 

以下、両選手のコメントです。

 

【田中 健奨選手】
前陣でのカウンターやブロックがやりやすいと感じました。
私のプレーでは前陣でのカウンターが多く、ツッツキで攻めることが多いです。
ツッツキの際、コントロールしやすく、鋭いコースを狙いやすいです。
台上でのコントロールが良いと思います。
プラスチックボールでは、台上でのストップ・ツッツキなどに相性が合うと思います。
セルロイドボールでは、ブロックやカウンターがやりやすいと思います。
木材など柔い感覚のラケットに合うと思います。

 

【松生 直明選手】
ラバーとしては、とても固い感じでした。試打したラケットも固めの木材だったので、
やわらかいラケットの方が合うように感じました。
前陣でのプレーが多い選手におすすめです。前陣でプレーする人には、
コントロールもしやすく、威力も出せるように感じました。
フォア打ちの際、流行りのテンションラバーと比較しても、よく弾むように感じました。
初速はエアロックの方が出ると思います。
プラスチックボールでは、固めのラバーなので合うと思います。
あとは、ラケットをやわらかめの木材にすれば、更に良いと思います。
セルロイドボールでは、ブロックや台上がとてもやりやすかったです。

 

エアロックの情報につきましては、以下のリンクよりご覧ください。

 

エアロックM

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=117

 

エアロックS

http://stiga.jp/products/item_rubbers?id=118

ページTOP