お知らせ

新着情報一覧

2013年05月20日

 2013年5月15日~2013年9月末日にかけて、スティガユニフォームに関してキャンペーンを実 施中です。スティガユニフォームをご購入頂い たレシートをハガキに貼ってご応募頂くと、抽選でもれなく豪華景品が当たります。応募条件につきましては、ユニフォームご購入一枚から、可能となっており ますので、奮ってご応募くださいませ。
※詳細につきましては、添付のPDFをご確認お願い申し上げます。

スティガユニフォームキャンペーン実施中

2013年05月16日

 5月13日よりフランスのパリにて世界卓球選手権大会が開幕しております。
本大会においては、STIGA(スティガ)契約選手も多数出場し、活躍が期待されます。
主な出場選手は以下の通りです。

【出場している主な契約選手】
平野早矢香(日本)
郭躍(中国)

許昕(中国)
樊振東(中国)
Par Gerell(スウェーデン)
Jens Lundqvist(スウェーデン)
Jean-Michel SAIVE(ベルギー)

2013年05月14日

STIGAホームページの商品一覧情報が更新されました。
今年のSTIGAカタログより掲載されているオフェンシブウッドNCT,オールラウンドウッドNCT,ディフェンシブウッドNCT,スウェーデンカーボン,センス7.6の情報が掲載されており、打音も聞いて頂く事が可能です。

2013年05月07日

STIGAホームページの契約選手情報が更新されました。
契約選手情報につきましては、ホームページ上部の「契約選手」タブよりご覧頂けます。

2013年04月27日

 許昕選手の使用ラケットがインテンシティNCTに変更になりました。
許昕選手は2013年5月に開催される世界卓球選手権パリ大会に中国代表として出場します。
活躍が大いに期待される選手です。
インテンシティNCTの性能に関しては以下のリンクよりご覧になれます。
URL:http://stiga.jp/news/news_2011.html#intensity
ご購入につきましては、ホームページ掲載の取扱店舗様より、お取り寄せ頂く事が可能です。

許 昕選手

2013年04月02日

 この度、2013年4月1日付にて、スウェーデン エスキルストゥーナのSTIGA SPORTS AB(通称STIGA)と平野美宇選手(JOCエリートアカデミー)がラケット契約を結びましたので、ご報告させていただきます。
今後STIGAはラケットを中心として、平野美宇選手を全面的にサポートしていきます。なお、平野美宇選手の4月1日時点での使用用具は、オールラウンドエボリューション(FLA)となっております。

以下、本人からのコメント。

「今回スティガとラケット契約を結ぶことができ、とても嬉しく思っています。
スティガラケットは、トップ選手も多く使用していますし、素晴らしいラケットがたくさん揃っています。
良いラケットがたくさん揃っている点に非常に魅力を感じています。
現在私が使用しているオールラウンドエボリューションは、自分でボールを掴んでいる感じがして、打球感が気に入っています。」

平野美宇選手

2013年03月26日

 この度、STIGA SPORTS AB(スティガ)は、樊振東選手(中国)と契約を結びましたので、ご報告させていただきます。
樊振東選手は、将来を担う中国のホープの一人であり、16歳にして、2012年の世界ジュニア選手権では、男子シングルス、男子団体、混合ダブルスで優勝しております。
現在、U18世界ランキング1位、一般の世界ランキングは38位です。
今後の活躍が期待される選手です。

BestMarketing

2013年03月01日

2012年末より、開始しましたSTIGA JAPAN CHANNEL(YouTube)にSTIGA本社作成の平野早矢香選手の動画が追加されました。
STIGA JAPAN CHANNELでは、他にも以下の機種に対しての平野早矢香選手のコメントをご覧いただけます。
・オールラウンドクラシック
・オールラウンドエボリューション
・ローズウッドNCTⅤ

2013年02月28日

 当ウェブサイトに掲載されている2012年製品カタログを、2013年版に更新しました。
STIGA(スティガ)の最新製品情報が掲載されていますので是非ご覧下さい。
※カタログP20に掲載の新商品ラバープロテクターにつきまして、実際の商品のデザインはカタログ掲載画像と異なります。

STIGA(スティガ)2013年製品カタログを見る(PDFファイル:20.8MB)

2013年01月23日

 現在発売中の卓球王国2月号に掲載されているSTIGAの広告につきまして、STIGAラバー キャリブラのスポンジの硬さを表した図が一部表記されていない誤りがありました。
正しくは下図のように、目盛とHARD、MEDIUM、SOFTの表記がされております。
この場を借りてお詫び申し上げます。

尚、卓球王国3月号では修正されております。
今後ともSTIGAを宜しくお願い申し上げます。

キャリブラ

ページTOP