大森隆弘のSTIGA PRODUCTS REPORT

STIGA BLOG MEMBERS

大森隆弘のSTIGA PRODUCTS REPORT

2016年11月25日

今回はキャリブラLTシリーズの試打を行いましたので

感想を書いていきたいと思います。

 

キャリブラLTシリーズは、LTプラス(硬い)・LT(普通)・LTサウンド(柔らかい)の

3種類のラバーがあり、スポンジの硬度によって選ぶことが出来ます。

LTプラスはスポンジがかなり硬めですので、

私がお薦めするのは、LTとLTサウンドです。

 

このラバーの特徴は、回転量が多く飛距離も出るところです。

まさに欠点のないラバーと言えるでしょう。

弾力があり、回転がかかるシートにやや硬めのスポンジを組み合わせる事により、

回転量と飛距離を両立させているのだと思います。

前回の製品レポート(動画)でも、両面にキャリブラLTとキャリブラLTサウンドを貼っておりますので、

そちらもどうぞ再度ご覧ください。

最後にラケットとの相性ですが、基本的にはどのラケットとも合うと思いますが

特殊素材ラケットには「LTサウンド」を、木材ラケットには「LT」もしくは「LTサウンド」を合わせるのが私のお薦めです。

 

 

『キャリブラLT』
打球感 ソフト☆☆★☆☆ハード
弾み・飛距離 低☆☆☆☆★高
回転量 少ない☆☆☆★☆多い
弾道 弧線☆☆★☆☆直線
プレー領域 前陣★★★★★後陣

 

『キャリブラLTサウンド』
打球感 ソフト★★☆☆☆ハード
弾み・飛距離 低☆☆☆★☆高
回転量 少ない☆☆★★☆多い
弾道 弧線★★☆☆☆直線
プレー領域 前陣★★★☆☆後陣

 

ページTOP