大森隆弘のSTIGA PRODUCTS REPORT

STIGA BLOG MEMBERS

大森隆弘のSTIGA PRODUCTS REPORT

2017年02月25日

 

今回はスティガのラケット「センス7.6」の試打を行いましたので感想を書いていきたいと思います。

この「センス7.6」は、木材とカーボンの中間というコンセプトのもと作られたラケットで、

カーボンパウダーという新しい技術を使っています。

合板の接着剤にカーボンパウダーを混ぜることにより、

7枚合板の木材ラケットながらカーボンラケットに負けない飛距離を出す事に成功したラケットです。

実際に使ってみると、柔らかい打球感や弧線を描く弾道は木材ラケットそのものですが、

カーボンラケットと同等の飛距離が出るという印象を受けました。

特に後陣からのドライブは、失速することなく弧線を描いて飛んでくれるので

非常に打ちやすいですし球威も出ます。

 

木材の良さを全面に出しカーボンの飛距離を加えた、限りなく木材に近いカーボンラケットだと思います。

「センス7.6」は個人的には中級者〜上級者にお薦めするラケットですが、

トッププレイヤーでも納得して使えるラケットだと思います。

また、「木材を使用しているがスピードが欲しい選手」、

「スピードは欲しいがカーボンの打球感が苦手な選手」には是非使って頂きたいアイテムです。

 

打球感 ソフト☆☆★☆☆ハード

弾み・飛距離 低☆☆☆★★高

重心 グリップより☆☆☆★☆先端

弾道 弧線☆☆★☆☆直線

プレー領域 前陣☆☆★★★後陣

 

※プレー領域=★の付いている範囲でのプレイヤー向け

※プレー領域以外=★の付いている箇所が、その評価位置

 

2017年01月31日

今回は、エメラルドVPSⅤの試打を行います。

ラバーは両面ともにキャリブラLTを貼っています。

それでは、ご覧ください。

 

 

 

2016年12月25日

今回は「エメラルドVPS V」の試打を行いましたので感想を書いていきたいと思います。

エメラルドVPS Vは、5枚合板の木材ラケットで、

表面の板にダイヤモンドタッチテクノロジーという特殊加工を施してあるのが特徴です。

また、表面に硬質な木材である青黒檀(greem ebony)を使用しています。

全体的な感想としては、若干硬めの打球感が非常に心地よくて、

球持ちがよい安定性重視の攻撃型ラケットという印象です。

木材の5枚合板ということで飛距離はあまり出ませんが、

その分台上プレーや前陣でのプレーがやりやすく、前陣〜中陣でプレーする攻撃型の選手に向いています。

また、表面の硬い板の影響もあり、弧線を描くドライブというよりは、

やや直線的で初速の速いドライブが打てるのも特徴です。

 

このラケットは、初級者〜上級者まで幅広い層の選手にお薦めできるラケットで、

柔らかすぎないミドル〜硬めの弾力があるラバーと組み合わせると相性が良いと思います。

 

打球感    ソフト☆☆☆★☆ハード
弾み・飛距離 低☆☆★☆☆高
重心     グリップより☆☆☆★☆先端
弾道     弧線☆☆★★☆直線
プレー領域  前陣★★★☆☆後陣

※プレー領域=★の付いている範囲でのプレイヤー向け
※プレー領域以外=★の付いている箇所が、その評価位置

ページTOP